前へ
次へ

不動産売却が譲渡益が出そうなときの注意

不動産を保有する理由として居住用など自分で利用するためがあるでしょう。それ以外には投資目的での保有があり、家賃収入の他不動産売却時に譲渡益が出せるかどうかも考えます。不動産売却において譲渡益が出ればうれしいですが、ただうれしいと喜ぶだけではいけません。不動産売却をしたときに譲渡益が出たときはそれは所得となります。給与所得などと同様に不動産売却で得た所得も所得税が課され、下手をするとその税金の支払いのために借金をしないといけないときもあるようです。不動産売却をするときは事前にどれくらい譲渡益が出るか、税金がどうなるかを考える必要がありそうです。不動産売却において譲渡益が出るときに注意したいのが保有期間でしょう。不動産売却時の所得には種類があり、保有期間が長いときは長期譲渡所得、短いときは短期譲渡所得になります。長期譲渡所得の方が所得税がかかりにくい仕組みになっているので、売却のタイミングによっては長期譲渡所得になるよう売却時期を遅らせた方がいいときもあります。

Page Top