前へ
次へ

不動産売却は時期を見て考えよう

マイホームを売るなどの不動産売却をする時は、時期を見て決断する事が大事です。例えば、あまり高くない状態で不動産売却をしてしまうと後で値打ちが上がった時に後悔してしまいます。一般的な家は、築年数が経過すると老朽化によって値打ちが下がります。つまり、売るなら早く不動産売却を考えた方がいいという事になります。しかし、周りの環境によって地代が高くなり、結果的に自分が所有しているマイホームや土地の値打ちが上がる事もあります。例えば、近くに大型ショッピングセンターができたり便利なお店が沢山できてくると少しずつ値打ちが上がります。この事を頭に入れて、もし近いうちに周りの環境が良くなるのであれば不動産売却をする時期をずらします。ただ、しばらく地代が高くなるような状況が考えられない状況で地代が高くなるまで待つというのはリスクが高いです。そのまま地代が高くならないかもしれないし、そうなると老朽化によって不動産売却の値打ちがかなり下がります。不動産売却する時期は、このようにさまざまな要素があり難しいですが少しでも得をするために情報収集していきます。

Page Top