前へ
次へ

不動産売却を大手に頼むデメリット

大手不動産会社の店舗は主要駅が多いです。フランチャイズなら主要駅以外でもありますが、直営店は主要駅です。不動産売却したくても、店舗が近く似ないケースがあります。小さな市町村では町自体に大手の不動産会社がないかもしれません。主要駅から離れていると大手でも購入希望者は集まりづらいです。大手不動産会社は会社の維持経費を多くかけています。そのため、不動産売却の仲介手数料を取るために都会の物件を中心に扱っています。小さな街にある物件などは大手は不動産売却に手を出さないかもしれません。そのため、中小に比べると地元に精通していない点がデメリットです。担当者も転勤などで人材が常に入れ替わっています。お店自体が長くあっても同じ人が同じ地域に根付きづらい特徴があります。不動産売却の際は地元の評判に関する知識がとても役に立ちます。地元のよさをアピールするには中小の不動産会社の方が有利でしょう。大手は不動産売却の営業範囲が広い分、地元にそれほど精通していません。不動産売却の仲介料が値引きしにくいのもデメリットです。中小の場合はその場で値引をしてくれる可能性があります。仲介手数料は取引額に応じた上限額が決まっています。法律では上限額を指しているので、本来であれば値引を頼むのも全く問題ありません。ただし、会社を維持するため経費とノルマのため、仲介手数料を値引きしてくれる可能性は低いです。

Page Top